NOSEBLEED



Sashaの作品は革職人が作ります。

  • おのめぐみ
    女子美術大学付属高等学校、女子美術短期大学テキスタイル科にて油絵・色彩学・図学・染織を学ぶ。 バイク乗りのための頑丈な財布・鞄等を趣味で製作するようになり、その後、本格的に革の手縫いの技術を身につけるべく、吉祥寺のかばん屋FILLYに入門。 独立後、製作を続けながらフジイ鞄教室にて3年間学ぶ。
    1993年に犬と暮らしはじめ、世の中にはデザイン重視の物ばかりで納得できる丈夫な首輪やリードが売られていないことに疑問を持ち、自分の犬の物を自身で制作。やがて頼まれて友人の犬の物も作るようになる。いつしか口コミで全国に広がり、1998年に屋号を「革工房アトリエサーシャ」として犬具中心に活動を展開。
    2003年 東京・三鷹にSHOP OPEN
    2007年 現在地に拠点を移し ギャラリー兼アトリエとして製作スタイルを変更し現在に至る。
  • RIKA
    高校卒業後、警察犬訓練所で1年間訓練の勉強をする。その後、修行を積み、ペットショップでトリマーとして、4年間勤務。犬に関する経験はとても長い。猫も陸亀も山崎まさよしも大好き。
    結婚、出産を経て3人の息子の母となり子育てに追われるなか、2008年、小野に切望されアトリエSASHAへ。当初は事務仕事を担当しながら革を学ぶ。持ち前のたたき上げ精神と、バイクに乗り、和太鼓を叩く強靭な腕力、そしてトリマーやさまざまな物作りの経験からの繊細な指先の器用さで、現在は革職人として活躍中。


POLICY - 1 採寸と打ち合わせ

犬の首輪とひとことで言っても、首の皮のたるみや毛量により、同じ体重・犬種であってもサイズは違います。 人間のベルトと形は同じであっても、つきまとう危険はまったく別の物です。そのため、サーシャでは首輪製作の前に必ず「採寸」「打ち合わせ」をします。(お客様によるメジャーでの採寸をもとにした製作や、現在使用中の首輪のサイズに合わせての製作はできません)これが私の一番のこだわりです。

→採寸に関してはこちらをご一読下さい



その子の全体の雰囲気(特に目の色)からイメージして、似合う色・デザイン等をご提案いたします。

それぞれの犬に適した犬具を製作するために、把握しなければならない点がいくつかあります。

  • 犬種・性別による骨格や体質の違い
  • 飼主との関係、生活スタイル
  • トレーニングの程度、日々の散歩のしかた
  • 性格、くせ

サーシャでは、今までに数多くの犬具を製作してきた経験をもとに、打ち合わせをしながら 確かな犬具を作っていきたいと思っています。




POLICY - 2 ワンホール

基本的にジャストサイズでワンホールの首輪を作るようにしています。 その理由は3つあります。

  • たくさんの穴をあけると革が伸びやすくなる。
  • 飼主以外の人が首輪をつける場合に、間違った穴にピンを差し込んでしまう恐れがある。
  • 使う穴によって、首輪の先端が足りなかったり余ってしまったりという不都合が生じる。

ただし、体重の変化が激しい犬、季節によって首周りに変化がある犬の場合は3ホールまでは考慮いたします。




POLICY - 3 シンプルなデザイン

デザイン重視のたくさんの飾りつけ...本当に必要でしょうか?
場合によっては、飾りがせっかくの首輪やリードを傷めてしまうことがあります。作品により力がかかる部分がまったく異なりますので、強度を損ねる飾りつけはお断りすることがあります。

「できるだけシンプルなものを作りたい」――これが私のポリシーです。




POLICY - 4 素材

素材にはとことんこだわります。たくさんの力の強い犬たちをモニターに、さまざまな素材で繰り返し試作し、現在の革や糸にたどり着きました。

▼革
犬具には丈夫な牛革の背中部分のみを使用。現在、供給量が極端に少なく、 またタンナー(なめし職人)が限られているために、とても稀少な革になっています。その中でも1枚1枚自分の目で見て選ぶようにしています。強度にこだわるため、長年この牛革のみで「1枚革の犬具」を製作しつづけています。「中に芯を入れる丸縫い」「革を合わせてミシンでステッチを入れる合わせ縫い」はいたしません。

▼糸
首輪にかかる力とリードにかかる力は違うため、使う糸も違います。

Sashaが厳選する頑丈な牛革は、なじむまでに時間がかかり、使い込むほどにしなやかになります。その革を耐久性バツグンの糸で縫い上げたSashaの作品は、あなたの犬の激しい運動をしっかりホールドすることでしょう。




POLICY - 5 手仕事

(1)革のカット

分厚い牛の背中の革を手でカットします。

(2)皮漉き

適切な厚みに皮をその都度調整していきます。

(3)かんながけ

豆カンナとヤスリで角を落として断面をなめらかにします。

(4)染色~乾燥

環境に優しい染料で色を入れていき、丸一日乾燥させます。

(5)みがき

裏や断面(コバ)をガラス版やヘチマ、布でつるつるに磨きます。

(6)穴あけ

さまざまな道具で縫う穴をあけていきます。

(7)手縫い

革の手縫いは意図の両端に針をつけ、一目ずつひきしめていきます。

(8)仕上げ

刻印を入れたり、タグをつけたりして製品として仕上げをします。



革の手縫いという作業は、上糸・下糸を絡ませて縫うミシン縫いとは糸の通し方が違います。 1本の糸の両端に針をつけ、両手を使って強く締めつけていく、これを繰り返す力と時間のいる作業です。ときには1.5センチ以上になる分厚い革に針を通し、ペンチで引き抜き、手で締める作業には、ミシンの何十倍もの時間がかかります。

そうまでして手縫いにこだわる理由としては、

  • 1つの縫い目が万が一切れても隣の縫い目に伝染しないからです。ミシン目はほつれるとすべての縫い目にあっという間に響きます。犬具ではそれは許されないことです。
  • メンテナンスを繰り返しても革の傷みが最小限に抑えられるからです。ミシン、あるいはカシメで製作した物もメンテナンスはできますが、手で一目一目縫った作品は傷み方がずいぶん違うのです。

いつまでも長く使っていただきたいという思いから、力と時間をかけても手縫いにこだわります。



| HOME | 特定商取引法に関する表示 | お問い合わせ | LINK | NOSEBLEED | Facebook | Instagram |
copyright 2016 atelier sasha all rights reserved.